睡眠時無呼吸症候群という病気の症状を確認

睡眠時無呼吸症候群の検査方法の違いや主な症状をチェック

Treatment of disease

睡眠時無呼吸症候群という病気の症状を確認

睡眠

日中に強い眠気

睡眠時無呼吸症候群になると、睡眠中に症状を自覚することは難しいでしょう。そして、自覚することができる症状としては日中の眠気などが挙げられます。日中に強い眠気を感じることが多くなっている人は、睡眠時無呼吸症候群を疑いましょう。

診察室

大きないびき

睡眠中に自分のいびきで起きてしまう人もいるでしょう。いびきが極端に大きくなってきてる人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。いびきの大きさを自覚しているのであれば、病院に足を運んで睡眠時無呼吸症候群の検査を受けましょう。

寝る人

起床した時の頭痛

朝起きた時に頭痛を感じる人も、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。しっかりと睡眠が取れていないため、起床時に頭痛が現れるのです。起床した時の頭痛に悩まされているという人は、この病気を発症していることが多いと言われています。

カウンセリング

集中力が低下

日中の集中力が低下してきている人も、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。睡眠が十分にとれていない場合、日中の活動に大きな影響を与えてしまうのです。集中力が続かなくなってきたという症状が現れている人は、特に注意が必要でしょう。

検査方法の比較

スクリーニング検査法

スクリーニング検査法だと、携帯式の機械を使って検査を行うので手軽です。しかし、手軽な分、大まかな検査しかできないでしょう。

睡眠ポリグラフ検査法

睡眠ポリグラフ検査法だと、比較的大掛かりな検査が必要となってきます。しかし、より細かく正確に検査を行うことができるのです。

広告募集中