検便検査でわかること【腸の病気を早期に発見できる】

検査で発見可能な腸の病気の特徴!検便検査の価格もついでに見ておく

Treatment of disease

検便検査でわかること【腸の病気を早期に発見できる】

聴診器

目視でわかる

目視などで確認することができるのが、鼠径ヘルニアです。脱腸とも呼ばれています。基本的に検査機器を使わずに発見可能でしょう。目視検査によって発見されるのがほとんどです。下腹部に腫れや違和感などがあるでしょう。

カウンセリング

すぐに手術が必要

直腸がんは、がん検診などの検査で発見されることが多いです。文字通り直腸にできてしまうがんのことです。場合によっては検便検査で発見することもできますが、ほとんどの場合は大腸内視鏡検査で見つかります。転移するのが直腸がんの特徴の一つで、すぐに手術すると良いでしょう。

医者と看護師

O-157の特徴

検便検査によってO-157などの大腸菌を発見することもできます。激しい腹痛や下痢、血便などの症状が特徴でしょう。食中毒の代表格として知られており、腸内に3日から8日程潜伏した後に発症します。死に至ることもある怖ろしい病気です。

ドクター

急激な腹痛が特徴の虫垂炎

腸の病気としては、虫垂炎も挙げられるでしょう。検便検査や大腸内視鏡検査によって発見できます。盲腸と呼ばれることもあるでしょう。急激な腹痛が現れるのが主な特徴です。適切に治療すれば問題ありませんが、放置すると危険な病気とされています。

検便検査の主な価格

  • 実施人数1、2名で年6回以下なら約1,000円
  • 実施人数3,4名で年6回以下なら約800円
  • 実施人数5~9人で年6回以下なら約700円

広告募集中